Ubdobe Caravan

[ウブドベ キャラバン]

ベトナムフェスティバル@代々木公園イベント広場(東京)

2012.9.15 土曜日

ベトナムフェスティバル@代々木公園イベント広場(東京)
2012年9月 15,16日(土日)
http://www.vietnamfes.jp/
ベトナムバナー

 

今年17回目のUbdobe Caravanはアロハヨコハマに続く
海外イベント『ベトナムフェスティバル』!

 

同日、AIRJAM@宮城も開催され、Caravanは二手に分かれて
キッズ&ファミリーゾーンを同時プロデュースしました

 

AIRJAM組がんばってるかな? と心に想いながら、ベトナム組は
赤一色のイベント会場で2日間燃え上がっておりました

 

なんで赤一色かと言うと?

赤地に黄色の★があるベトナム国旗が会場を埋め尽くしていたから!
120916_1027

 

ってことで、ゆび編みでベトナム国旗を編んで
キッズ&ファミリーゾーンにも装飾。
スタッフも赤Tシャツや民族衣装のアオザイ、ノンラー(帽子)を
身につけて雰囲気作り

 

BIG遊具(奥)とサイバーホイール(手前左)、
ベビーブースとワークショップ(右のテント)を
円状に展開したおかげで、エリア全体が見渡せ、回りやすかったと大好評
120916_1618

 

★ブース1★ サイバーホイールby ONE STEP
http://www.sports-onestep.com/

 

ベトナム3
日本名”ちくわ”(身内のみ)と称されているこちらの遊具、
無料展開のため大行列!

 

このように”ちくわ”の中に入ってスタッフにくるくる回してもらって遊びます。
いやこれ”遊ぶ”って易しい言い方はだいぶ違う。
予想を遥かに超えてスリリングで、大人も『ぎゃーっ』って叫ぶほど!
キッズの方が回るのが上手なのかも。
ベトナム4

 

回り方によって運動神経・能力にもつながる、れっきとした発育遊具なのです

 

★ブース2★ ふわふわ遊具by ONE STEP ×NPO法人Ubdobe

 

続いてこちらも無料展開のBIG遊具、
デドンとな
120916_1617

 

入り口、中、両脇でしっかりスタッフが管理。
定員と時間も設定したため、列に並ぶキッズは
ドキドキワクワク。サイバーホイール含め、『11回目だよ!』なんて
汗ギラギラさせてキラキラ笑うキッズ達

 

それを温かく見守るママパパたち
120916_1401
というより、ママパパも入りたい熱感じる後ろ姿。。。

 

★ブース3★ ベビーブースと授乳&おむつ交換室by NPO法人Ubdobe

 

小さな楽器を置いたベビーブースは休憩スペースとしても
120915_1206

 

スタッフが放つ鼻笛の音色に合わせてカスタネットをするキッズの
コラボ演奏という微笑ましい光景も
120916_1115

 

★ブース4★ 鼻笛ワークショップ by NPO法人Ubdobe

 

その鼻笛、産地はベトナムなんですって。
その名の通り、鼻息で音を奏でる摩訶不思議な木材の楽器。
初めは難しいのだけど、コツをつかんでしまえば
こっちのもの!
すぐにマスターしたスタッフがドラエもんやポニョ、
ミッキーマウスまで自由自在に奏でたので始終愉しい音が流れていました

 

その鼻笛にお絵描きして、ゆび編みストラップを作り、
こんなかわいいのができました
120916_1215

 

★ブース5★ ノンラーお絵描きワークショップ by NPO法人Ubdobe

 

大人気で完売したベトナムの民族帽子ノンラーブースがこちら
120915_1152

 

まずはノンラーになにを描こうか、下描き。
それを参考にポスカでさぁ、本番! 真剣デス
120916_1159

 

パパにつけてもらって
ベトナム12

 

出来上がり!
ベトナム13

 

こちらのファミリー、ママは鼻笛作り、キッズが
ノンラー作りを愉しみました

 

★ブース6★ ゆび編みワークショップ by mamayuno
http://www.mamayuno.com/

 

鼻笛ストラップのほか、お決まりのシュシュで展開
ベトナム14

 

4人とも別々の色で作ったシュシュを身につけて
ゆび編みベトナム国旗を背景に記念撮影。

 

彼女たちはベトナムと日本のハーフちゃん達でした
ベトナム15

 

ワークショップブースの横に急きょ設けた休憩スペースでは
遊具等で遊ぶキッズを大切に見守るママパパたち。
少しここで休んだら、ベトナムのライブを観に行こう!

 

ベトナム16

 

ベビーブースの横にしっかりベビーカー置き場も設置
120916_1401

 

2日間で18万人もの来場客が訪れたこのイベントで
Caravanという、キッズが一日わくわくして遊び、学べ、休める
安心安全空間がどれほど必要だったか

その空間を一緒に創り上げてくれた有志スタッフ
120916_1823

 

遊具管理は思った以上にハードで、汗水たっぷりだったけど、
ベトナム料理も堪能して頂戴した言葉は

 

『充実した一日だった、また参加したい!』。
この心からの笑顔が物語っているね

 

すべては日本とベトナムの交友のために、
この子たちのために
ベトナム19

 

湯野澤いづみ a.k.a ゆの