Ubdobe Caravan

[ウブドベ キャラバン]

グローバルフェスタJAPAN 2012@日比谷公園(東京)

2012.10.6 土曜日

グローバルフェスタJAPAN 2012@日比谷公園(東京)
2012年10月6,7日(土・日)
http://www.gfjapan.com/

 

今年20回目のUbdobe Caravanは
初参戦となる『グローバルフェスタJAPAN』。
グローバルロゴ

 

アロハヨコハマ、ベトナムフェスティバルに続き
国際イベントな訳ですが、今回はその名の通り、
いろ~~んな国が大集結!
121006_1606

 

小さな空間でしたが、会場の一角にちょこんと
キッズ&ファミリーゾーンを展開しました。
121006_1153

 

121006_1155

 

カラフルなボールプールを看板遊具にしたおかげで
誘惑に誘われ、キッズがわんさか。

 

テントの中では、お決まりの授乳&おむつ交換室や
ロディちゃん始め、グローバルに合わせて
各国の絵本の読み聞かせも展開。

 

中でも人気だったのは、装飾としても新作の
ゆび編みエコパチカ。
120923_1405

 

空ガチャガチャの中に、ペットボトルのキャップや王冠、
食べられなくなったお米等の廃材を入れて音が鳴るようにして、
ゆび編みでくるんだ手作り楽器。

 

ゆび編みをする理由としては、
プラスチックのガチャガチャを投げて割ったり、頭にぶつけて
ケガをしないための『防止』。

 

どんな音が一番好きかな?
いろんな廃材を入れてお気に入りの音が決まったら
それをゆび編みにくるんで首から下げれば
アクセサリー楽器に♪
121006_1355

 

これがどうしてグローバルかって?
そもそもパチカって?

 

パチカとは、アフリカ生まれ日本育ちの楽器。
アフリカではアサラトと呼ばれている民族楽器/玩具で、
木の実でできているのだけど、それをプラスチック製に開発された日本版が
パチカというわけ(Wikipediaより抜粋)。
日本パチカ連盟なるものもあるほど巷では人気なのです。

 

これが木の実でできているアフリカのアサラト
グローバル7

 

こっちがプラスチックでできた日本版パチカ
グローバル8

 

こんなふうにして遊びます
グローバル9
※画像はサイトより引用

 

玉が2つついているからアサラト、パチカなわけで、
このように首から下げたらもはやアサラトでもパチカでもなく、
『ゆび編みエコ楽器』と名乗るのがふさわしい。
けど、こちらもアサラトやパチカを原型としているのは確か。

 

グローバルフェスタにぴったりのワークショップをご提供できました。
キッズには喜ばれ、ママパパには『へぇ』と感心を頂戴。

 

スタッフ
『これはね、アサラトっていうアフリカの楽器を真似したんだよ。
向こうのお店に本物があると思うから見ておいでよ』

一度キッズブースを離れたキッズ達が戻ってきました。

キッズ『この楽器の名前なんて言うんだっけ!?』

スタッフ『パチカだよ。アフリカの楽器はアサラトって言うんだよ』

キッズ『パチカ! パチカ! 覚えた! ママ~』

と、ママパパの元に戻っていくキッズ達。

 

自分の手で作ったもので、アフリカを知る、世界を知る。

日本のキッズ達よ、大きくなるのだよ。
そしていつか自分の足で世界を歩いて、今度は
自分たちがこのグローバルフェスタで世界を伝える人になって欲しい。
121006_1558

 

ウブドベキャラバンは、そんなお手伝いもできる
活動を続けて参ります!

 

湯野澤 いづみ